セゾンプラチナカード

年会費永久無料カードを中心に、主婦から圧倒的な支持を誇るセゾンカードに、プラチナカードあるということをご存知でしょうか。
年会費は高いですが、それだけの価値があります。
しかもアメリカン・エキスプレス(アメックス)との提携ですので、サービスの充実度は言うまでもありません。
今話題のこのカードについてみてみましょう。

SAISON AMEX

数々の特典

セゾンプラチナカードの大雑把な詳細は次のようなものになります。
  • プラチナ専用コールセンターで24時間様々な要望に答えてくれます。
  • 世界450ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に無料で登録可能。ほぼ全てのラウンジで飲み物や新聞、インターネットサービスを無料で利用できます。
  • クレジットでのご利用を自動的にJALマイレージバンクのマイルに移行できる「SAISON MILE CLUB」に無料で登録が出来ます。換算はクレジットカードでのお買い求め1000円⇒10マイルとなります。
  • ホテル・レストランでプラチナ会員だけの限定優待が受けられます。
  • 最高5000万円まで(補償傷害死亡・後遺障害)補償される「海外・国内旅行傷害保険」が自動的に付帯されます。海外旅行中は室病・傷害治療費用はもちろん、航空機の遅延・欠航による宿泊料や食事代、また手荷物の到着の遅延・紛失等で会員が負担した衣類購入費なども補償されます。
  • セゾンプラチナカードで購入したほとんどの商品の破損・盗難などの損害を、購入から120日間、年間最高300万円まで補償してもらえます。
  • ハーツNo.1クラブゴールド(通常5,000円)が年会費無料となります。
  • コナミスポーツクラブの都度利用会員に会費無料で登録が出来ます。

セゾンプラチナカードのページセゾンプラチナカード

入会基準

セゾンプラチナカードの入会基準は学生・未成年を除く電話連絡可能な方です。

つまり年収などの基準がないということで、20歳以上で収入があれば入会資格があるようです。
ということはこちらからの希望でカードが作れてしまうわけで、「プラチナって・・・」って感じにもなってしまいます。まあ、会費さえ払っていればいいという事なのでしょう。

ちなみに年会費は、本会員:21,000円、家族会員:3,150円となっています。

セゾンプラチナカードのページセゾンプラチナカード

セゾンプラチナカードのデザイン

セゾンプラチナカードのデザインに関しては、賛否両論があるかもしれません。提携ブランドがアメックスなので、アメックス的なデザインに、という方にはお勧めできません。
カードの発行元というのは結構大事にしている人は多く、大衆的といってよい「SAISON」というマークが大きく入っているカードは、できれば避けたいという人も多いはずです。
しかし、カードの利用価値のことをいえば、年会費を払ってもあまりある付加価値があるといってよいこのカード、なかなかパスするには惜しいカードではないでしょうか。

セゾンプラチナカードのページセゾンプラチナカード

セゾンプラチナはこう使え! All About

このセゾンプラチナカードはAll Aboutでも紹介されています。

今話題の高級男性雑誌「レオン」を読んでいるような行動派の30代男性がターゲットで、インビテーションを待たず、誰でも申し込むことができるのです。気になる審査は、通常のセゾンアメックスの少し上くらいなので、それほど厳しいものではありません。

もっと詳しく
http://allabout.co.jp/finance/creditcard/closeup/CU20060418A/index.htm